女性の転職

女性が転職活動する時に一番感じることは、不安だそうです。女性に転職アンケートをとってみた結果、その回答が、約3割に達するそうです。そこで、女性にしろ男性にしろ、転職をまず考えた時には、自分の今までの仕事のことをじっくり考えてみましょう。

では、転職するのに、なぜ過去の事を考えるのかと思う人もいるかもしれませんが、実はこの、過去を考えることがとても大切な事になるのです。
つまり、自分自身のキャリアについて、よく自分で把握できないからこそ、転職活動に不安を感じずにはいられないのかもしれませんね。要は、今まで自分で作り上げたキャリアをより一層みがくことで、自分のやってみたい仕事、最適な仕事等を見つけ、自分がやりたいと願う場所で活躍したいと思う女性が、徐々に多くなってきていると同時に、世の中の企業も、女性には、男性には持ち合わせていない本当の力に気づき始めてきたようなのです。しかしながら、今までは、転職希望の女性と企業の間をつなぐシステムが整っていなかっただけなのです。

続きを読む →

旅行業界への転職

旅行業界では、未曾有の世界的な不景気のため、価格を押さえたり、さらにコストダウンをして、顧客を集めていく流れがあります。特に、大手の老舗の旅行業者にとっては、かなりの逆風ですね。要は、今までのようなやり方でやっていれば、大手であっても、倒産する可能性もあるのです。そんな理由から、現状で、どのような方法でニーズを掘り出していくかが課題ではあります。旅行業の転職についてですが、国土交通省の調査で、平成16年度旅行業総取扱額で調べましたところ、国内旅行、海外旅行、外国人客による旅行を合わせると、約5兆6520億円だったそうです。

続きを読む →

不動産関連の転職

不動産関連の営業職で転職する場合、やはり専門性が高いので、経験者を採用している企業が多いですね。営業の求人数については、変化はほとんどないのですが、営業未経験者を採用する割合が減少しています。やはり、経験者を優遇するところが多いですね。新築分譲マンションや建材関連、土地活用分野での求人数は、比較的ありますね。

ただ、不動産仲介分野では、法人・個人どちらとも求人数にあまり変化はないみたいです。ただ、今現在は不況ということもあり、採用を手控えている企業も多いですね。ただ、宅建・関連法規・財務を学び、その系統の資格等があって、経験があれば、個人向けの仲介経験者の場合は、法人向け営業へと転職できる可能性もありえますね。

続きを読む →

外資系の転職

まず、外資系企業への転職する時には、意外にも面接ではなく、書類選考の基準が一番重要視するようです。理由としては、採用する場合、ほぼ経験者なので、外資系企業側へは、新入社員と違い、今までの自分自身の経験した内容を、詳細に伝えていくことがとても重要なのです。

まず、書類上で、自分がいったいどんな業界に属し、この職種のどの分野で専門家であるのかを、しっかりとピアールするべきです。外資系企業の場合、知っている人からの紹介や、ヘッドハンティングなどのテクニックが主流で、転職希望者を公募するという形では少ないようですね。
また、転職を考える時も、自分のプロフェッショナルな技能は、いったいなになのかということを、しっかり把握しておく必要があります。もし、一度入社してしまいますと、外資系企業の場合は、部門間での移動は、まず考えられないといっても過言ではありません。いわば、配属される部門でのプロとして雇用されるので、他の企業にあるような、人事異動等で突然別の部署にいってね、ということは極めてないに等しいです。

続きを読む →

金融業界への転職

金融業界への転職の際には、以下のような注意点があります。まず、外資系金融会社は、日本と違って、「能力主義で、厳しい査定あり」という印象を持っている方が多いみたいです。現在では、日本でも徐々にですが、「能力主義」という点を重点にしている会社も多くなりましたが、まだその点では外資系の方が厳しく、日本人の根性とか、温情とかはなく、ドライという言葉がぴったり合うと思いますね。実力主義とは思いますが、いかにも年中リストラをしているという印象は間違いです。この内容をむしろ、不況だと言い訳にしてしまう日本企業のほうが、ある意味、社会の責任へ転嫁しているだけで、リストラをしていく、ある意味冷たいのかもしれません。

続きを読む →

経理の転職

経理という仕事に限らず、転職をどんな仕事をする場合にもやはり、その人に、年代に伴うキャリアとスキルがきちんとあるかどうかが最大の要因になるでしょう。しかし、経理職に転職したい場合は、やはりそのラッキーなチャンスがある年代は、20歳代後半までと言えると思います。

まず、経理募集の選考で問われる内容はは、基礎的なビジネスのスキルがどのくらいあるかということと、経理に関する基礎知識、応用知識と、どれだけ実務経験があるのかということですね。また、書類選考で有効になるのは、やはり、簿記2級以上取得しておくことがベストでしょう。また、20代の場合、まったく分野の違う企業への転職する場合でも、やる気と根気を重視する傾向が強いための、意外にもチャンスも多いかと思います。全体として、20代というのは、やり直しがしやすい年代ですから。

続きを読む →

IT分野の転職

IT企業への転職を考えている方は、何年か前ならば、かなり景気もよかったので、採用枠も結構ありましたし、むしろ人手が足りなくてだれでもとはいきませんが、それなりに採用されていたと思いますね。それは、IT企業がどちらかと言えば、ベンチャー企業が多くて、若い人材をとる傾向があったと思います。やはり、ITは、パソコンの普及によって大きく進歩してきた産業だと思いますね。
しかし、ここにきて景気低迷は、ITでも同じ流れになってきました。そこで、ある程度のスキルを持つことが必要になってきましたよね。必ず必要とは言えませんが、スキルや資格を持っていると転職する際には、有利になる可能性もあるわけです。

続きを読む →

看護師の転職

看護師という仕事は、お医者さんの補助をする仕事ですが、時にはお医者さんよりも、患者さんの心のケアーから、患者さんへの補助もする、いわば縁の下の力持ちですよね。その意味では、医者と同様に特異な世界としてとらえられていたと思います。お医者さんと同様に、看護師さんも、働いてる環境で大きく変わっていきますよね。

たとえば、個人病院だとほぼ診察時間において、給与が出る感じなので、どちらかと言えば、平常勤務ができるかと思います。しかし、大病院や救急医療の現場では、非常に時間外労も多く、しかもそれに対する支給額も、考えたほどは望めない病院もあります。なにで、あるいみ激務なことから、医者不足と同様に看護師不足も否めませんね。そんな中、看護師も自分が今まで培ったきたキャリアと知識を十分に発揮するため、今いる病院よりももっといい病院へ転職しようという方も多くなってきています。
続きを読む →

医師の転職の特徴

医者というととても聖域なものとして今まではとらえられていたと思います。
医者は個人病院は別にしても、非常に時間外労働が多く、しかもそれに対する支給額も思ったほどはないので、どんどん大病院から医者がいなくなり、医者不足は否めないですよね。

そんな中、医師は自分のキャリアとスキルを十分に活かすために、今いる病院よりももっといい病院へ転職しようという方が多くなってきています。過酷な勤務なので、それに見合った給与をもらいたいが故に自分を売り込む、もしくはヘッドハンティングで別病院へというパターンが多いですね。やはり勤務医として活躍されている方に、非常に負担がかかっているというわけです。そのために、医師の開業希望者や転職希望者が、どんどん多くなっていることも事実です。

では、なにを基準に転職をすすめていけばよいか。それは、本人の基準を何にするかによりますよね。例えば、勤務時間、通勤時間、あるいは報酬、研究の進み具合など、「なに」の部分を明確にし、転職活動をすることが大切なのです。

続きを読む →

転職後に必要な人間関係で求められていること

さて、職場ではよくありがちなことが、人間関係です。これは、もしかしたら永遠のテーマかもしれません。もちろん、人間関係は、転職だけでなく、新人で入ってもありうることです。

今の社会は、まだ昔の年功序列社会もありえますが、だんだんその流れも変化し、役員になるにしても、年齢や性別に関係なく、要は能力と知力で決まるようになってきています。この場合、気をつけなければいけないことが人間関係なのです。

では、どんな風に気をつけなければいけないのか。例えばですが、転職先になった企業で、自分の上司が、年齢が若かったり、配属されるのが、自分より年上の部下だったり、要は自分より、上司が上や下、部下が自分より上という場合があっても、こんな状況は、けっして珍しい事ではありません。ごく当たり前の事だと割り切る事こそが人間関係を円滑にするコツなのです。

しかも、転職先には仲間と呼べる同期入社の人もいませんし、自分よりも年下の人が先輩にあたる事ももちろんあります。このような事からも、人間関係というのは転職先ではゼロからのスタートとなりますが、仕事に関しては、新入社員のようではいけません。

転職の場合は、今まで職歴があるが故に、今までこなしてきた仕事内容はできて当然と見なされるのです。この状況で、人間関係をうまくやっていくためには、まさにこれしかないと思います。「仕事に対して手を抜かずに、しっかり最後まで必ずやり通すこと」そう、絶対に、自分自身は、社内のうわさや話や人間関係の話の中には、安易に介入しないことが大切なのです。

続きを読む →